2013年03月13日

「演技で恩返し」 シューズエア




フィギュアスケートの世界選手権の公式練習が本番会場で始まり、13日の男子ショートプログラム(SP)に向け、羽生結弦(18)=宮城・東北高=ら日本勢が調整した nike


 13時間の時差があっても、故郷への愛着は変わらない ナイキ。仙台市出身の羽生は東日本大震災が発生した午後2時46分、黙とうをささげた nike air


本番会場で行われた練習では4回転ジャンプを中心に調整した ナイキシューズ。2年前は自身も避難所暮らしを経験しただけに、「応援してくれる被災地の方々に、演技で恩返ししたい。自分のけじめとして、表彰台に上らないといけない」と強い決意を示したシューズナイキ





posted by ccc at 11:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。