2013年03月13日

【2013春闘】ホンダ、一時金5.9カ月満額回答 円高是正で賃上げムードに追い風

ホンダは12日、今春闘の労使交渉で労働組合が年間一時金5.9カ月分を求めたのに対し、満額回答すると発表した。一時金の満額回答は4年連続 nike。13日午前に労組に正式に回答する。会社側が正式に発表したのは自動車業界ではホンダが初めて nike air


前年の5.0カ月を大幅に上回る要求となったが、ホンダは満額回答の理由について、「要求水準は高いが、難局を乗り越えるには従業員の頑張りに応えることが必要だ」とコメントした ナイキ。ベースアップについては組合側は要求をしていなかった シューズナイキ

自動車各社では、日産自動車が5.5カ月、三菱自動車が4.3カ月の要求に対し、それぞれ満額回答する方針を固めている。満額回答は、日産が2年ぶりで、三菱自は5年ぶり。

安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」効果で円高是正が進み、業績改善に追い風となっていることや、賃上げムードが高まっていることなどを考慮したもようだ。


こうした状況から、トヨタ自動車の労組が約205万円(5.0カ月プラス30万円)、富士重工業の労組がそれぞれ5カ月プラス10万円を労組が要求しているが、2社とも満額回答で応じる可能性が高まっている ナイキシューズ


posted by ccc at 12:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。